専業主婦はカードローンを利用できる?

【消費者金融では利用できない】

 

専業主婦の場合には、消費者金融が提供しているカードローンは利用することができません。

 

理由としては、貸金業法で定められている事項に総量規制というものがあるからです。

 

この総量規制では、年収の3分の1までの借入しか認められないようになっています。

 

専業主婦であれば収入はないという状況にあるはずですので、この法律によって消費者金融のカードローンは利用できないということになってしまいます。

 

 

また、この規制による救済策として配偶者貸付という制度もあるのですが、この制度にも制約があります。

 

配偶者貸付の場合には、配偶者の同意が必要となります。

 

また、配偶者の収入状況によって借入できる額が決まりますので、収入証明の書類も必要となります。

 

したがって、配偶者に秘密にしたままで借入をするということはできないようになっています。

 

消費者金融で配偶者貸付を利用する場合には、よく相談してから利用しなければならないのです。

 

 

【銀行系のカードローンは利用可能】

 

一方で、総量規制は銀行の場合には適用されません。

 

したがって、銀行カードローンであれば利用可能であるケースがあります。

 

もちろん、一般的には収入がなければカードローンの審査に通るということは難しいものですが、最近では専業主婦向けのカードローンを用意している銀行もあります。

 

どのような条件で利用できるカードローンであるかということは、各銀行の公式サイトなどを確認すると分かりますので、まずは条件をチェックしてみましょう。

 

銀行カードローンは、銀行ということで信頼することができますし、最近では非常に利用しやすくなっていますので、一度検討してみると良いでしょう。