カードローンは主婦でも大丈夫?

毎月の生活費や決まった支払いだけでも大変なのに、突然、予想していなかった大金が必要になることがあります。

 

たとえば、冠婚葬祭、家族の病気・事故、急に子供の部活動費が必要になることもあります。

 

毎日、家計をやりくりしている主婦にとって、予期せぬ出費は頭の痛い問題です。

 

いざという時に貯蓄があれば、切り崩してその場をしのぐこともできますが、貯蓄をしておくほどの余裕はないという方もいらっしゃると思います。

 

身内や親族、知人や友人に頼るというのも、なかなか難しいものです。

 

そういう時に頼りになるのがカードローンです。

 

★総量規制対象外の銀行系カードローンなら、主婦でも利用できます!

 

収入のない専業主婦がカードローンを利用するのは無理なのでは?と思われるかもしれません。

 

実際、2010年に法律で定められた総量規制が始まってからは、収入のない人に貸付を行うことが規制されるようになりました。

 

専業主婦がお金を借りることが難しくなったといえます。

 

総量規制の対象となるのは、消費者金融会社が発行するカードローンです。

 

大手では、アイフル、アコム、プロミス、モビットなどがあります。

 

それでは、専業主婦が借り入れをするのは無理なのか、というとそうではありません。

 

実は、総量規制はあくまで貸金業に関する法律であり、銀行には関係のない法律なのです。

 

銀行は銀行法という別の法律下にあるため、銀行が発行しているカードローンは、専業主婦でも利用することができます。

 

銀行系カードローンには、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、新生銀行の傘下になったレイクなどがあります。

 

収入のない主婦の方でも、カードローンを利用できるということをお分かりいただけたでしょうか。

 

予期せぬ出費で、どうしても借り入れが必要という時は、銀行系カードローンの利用を検討してみてください。